最初に習得したいphpとHTML

プログラムを行う際には、「まずはHTMLを学んで理解をしていこう」と考えている方も多いと思います。そしてHTMLを学んでいくと、新たな言語などを学びたいと思われる方も多いでしょう。そんな初心者の方の中には、「phpとHTMLってどう違うのだろう?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

ここで初心者が知っておきたいphpとHTMLの違いについて簡単にご紹介します。まず、SNSやWEBなどでは様々な仕組みが備わっており、掲示板やブログなどが作られていることになります。しかし、HTMLで作られたものの場合には、ページ内容を逐一変更させていくことは出来なくなってしまいます。HTMLの場合には、ページごとに作成されていることになるため部分的な変化を行うことは出来ないのです。

そこでプログラミング言語を用いることで情報を変化させることが出来るようになります。そんな時に用いるのがphp言語です。HTMLのページにphp言語を埋め込んでいくことで動的なWEBのページを作り上げることが可能となります。ということは、HTMLの知識を得た方は更にphp言語を取得していうことでより動的なWEBページを作成することが出来るという考えもあるでしょう。もちろん、先に求人・案件で必須スキルとされるphpを学ぶのも良いでしょう。

今後、変化させる予定がないページであればHTMLのみの作成でも構いませんが、「これから色々な変化をさせたい」と考えているのであれば、php言語を学んでおくことでよりエンターテイメントなWEBページを楽しむことが出来るでしょう。初心者向けの言語として知られるHTMLとphpですが、実際にはサイト上の動きが異なります。動的なサイトを目指しているのであればphp言語を取り入れることをおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です